銀行や消費者金融会社などは基本的に土日祝日はお休みなので、店舗では営業を停止していますが、複数の消費者金融会社のカードローンならインターネットからの申し込みであれば24時間365日いつでも対応してくれるため、日曜日に申し込んで審査を受けることができるので安心です。

 

逆に銀行のカードローンであれば、職場へ電話して在籍確認が必要になることのほうが多いので、日曜日であれば在籍確認がとれないため難しいと言えます。

 

消費者金融会社の多くは、源泉徴収票や給与明細書を提出してWeb完結サービスを行うことで、職場への電話での在籍確認の代用法をとっているし、日曜日の午前中などの早い段階であれば即日融資も可能だし、審査における基準と手間が容易なほうなので、非正規雇用労働者であっても定期的な収入さえあれば、審査に通る確率が高いことがメリットです。

 

ただし、日曜日に融資を申し込み、審査を受けて結果を得ることは可能ですが、即日の日曜日にお金を振り込んで欲しい場合、消費者金融会社の自動契約機を使ってカードの発行を受けるか、申し込む際に自ら指定した銀行口座にお金を振り込んでもらう方法をとる必要があります。

 

即日融資を受けるためには、本人確認書類を完璧に揃えておくことと、午前中に申し込むことが大切です。

本人確認書類の運転免許証・パスポート・健康保険証、収入を証明する源泉徴収票・収入証明書を用意してアップロードで早く提出できるようにします。

 

ちなみに即日融資のスピードが1位なのはアコムで、2位はプロミスだと言われています。