ビットコインとライトコインはどちらも仮想通貨です。

発行当初は発掘という作業による報酬として無料で手に入れられるという概念の仮想通貨でしたが、現在では高度で高価なサーバーや技術が必要なため、所有者から購入するというスタイルが一般的です。

 

その際の販売益が大きいため、注目を集めています。

ビットコインは、2009年にSatoshi Nakamotoが世界で初めて立ち上げた仮想通貨です。

 

コードは全てオープンソースのため、他社(他者)による介入を可能にしています。

現在の多くの仮想通貨は、ビットコインを参考に発展しています。

 

ビットコインとライトコインの違いですが、ライトコインは他のどの仮想通貨よりも発行量が一番高いです。

その発行量を可能にしたのがライトコインの高速なブロック生成です。

高速なブロック生成により、高いボリュームを処理することができます。

 

しかしその反面、高いボリュームを処理することによるハッキングやセキュリティーに対する懸念もあります。

発行枚数は、ビットコイン:2100万枚に対し、ライトコイン:8400万枚とビットコインの約4倍です。

 

ブロック時間の平均が、ビットコイン:10分に対し、ライトコイン:2.5分と、ビットコインの4分の1の時間です。

2015年時点での価格は、ビットコイン:約27,300円に対し、ライトコイン:約180円です。

 

しかし、2017年に韓国最大の取引所がライトコインに対応したことがきっかけで、2017年時点での価格はライトコイン:約300円と2年前の2倍近くになっています。

ライトコインに対する需要の増加が、多くのユーザーと投資家を呼び込む結果となり、現在注目を集めています。