日本全国にどこにでもあると言っていい郵便局は窓口に銀行と同じような業務をしているゆうちょ銀行があります。

たくさんの郵便局があるので、ゆうちょ銀行もうまく利用すれば利便性はかなり高いといえます。

 

ゆうちょ銀行は金融機関ですから、ゆうちょ銀行からお金を借りることができますが、ゆうちょ銀行からお金を借りるには前提条件として担保がなければゆうちょ銀行からお金を借りることができないのです。

 

例えば、消費者金融やゆうちょ銀行以外の銀行などの金融機関ではキャッシングやカードローンなどの金融商品で無担保・無保証人でお金を貸してくれますが、ゆうちょ銀行ではそのような金融商品を持っていないのです。

 

ゆうちょ銀行がお金を貸してくれるのは預金担保貸付や国債など担保自動貸付でお金を借りる場合と簡易保険のお金を担保にしてお金を借りる場合があります。

 

ゆうちょ銀行からお金を借りるということは貯金や簡易保険を解約しなくてもいいというメリットはありますが、貯金や簡易保険はもともと自分のお金であるということを考えれば貯金や簡易保険を解約したほうがいいという言い方もできないではありません。

 

もちろん、担保があるということになりますから他の無担保のキャッシングやカードローンよりも金利は圧倒的にやすいですが、貯金や簡易保険を解約したお金は金利がつかないことを考えるとこれらの方法はゆうちょ銀行から借りるべきか解約するべきかしっかりと計算する必要があるでしょう。