消費者金融や銀行のキャッシングサービスのようには、郵便局でお金を借りることはできません。

そもそもにおいて、郵便局が運営しているゆうちょ銀行のシステムには、ローンに関連した商品の取り扱いはないのです。

 

代わりに郵便局はスルガ銀行という、静岡にある地方銀行を推しており、その利用の窓口になることで、ローンを求める利用者に対応しています。

 

ただ無担保のローンを扱っていないというだけで、担保を介してのお金の融資は、郵便局でも行われています。

担保は質屋における質のようなもので、そうした返済の保証になるものが確認される時にだけ、融資を行う仕組みを郵便局は設立しています。

 

質屋の質は、金銭的な価値のある品の多くを対象としていますが、郵便局への担保は質のように物品を当てることはできません。

郵便局が担保として受け取ってくれるのは、金銭だけです。

 

お金を借りるためにお金を担保に渡す、というのも複雑な話ですが、この場合の担保になる金銭は郵便局に預けた口座の中にあるお金のことを指しており、実際にローンの利用時に金銭を支払うわけではありません。

いつでも引き出せる状況にない、定額預金や定期預金が主に担保として機能することになります。

 

郵便局に口座を持っていない状況下で、即座にお金を借りるのは実質不可能ですから、郵便局のローンを使用したい場合には、あらかじめ定期や定額の預金を行っておくのが良いです。

そうして常日頃から郵便局にお金を預けておけば、いざという時に貯金が信用となって、郵便局がお金を貸してくれることでしょう。