お金を借りる方法は銀行や消費者金融のカードローンを利用するのが一般的ですが、日頃から郵便局を利用している人は郵便局でお金を借りている人もいます。

そこで郵便局でお金を借りる時の基礎知識を確認していきましょう。

 

・ゆうちょ銀行の担保がある事が条件

郵便局でお金を借りる事が出来ますが、条件があるのでしっかり把握しておく必要があります。

実際にお金を借りる時はゆうちょ銀行の担保があるのが条件となります。

 

担保の対象になるのは定額貯金と定期貯金になります。

普通預金で貯金しているだけでは担保の対象にならないので郵便局でお金を借りる時は定額貯金と定期貯金をしておく必要があります。

 

・本人確認書類の提出が必要

郵便局でお金を借りる時も銀行や消費者金融と同じように本人確認書類の提出が必要になります。

本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートなどが適用となるので基本的には運転免許証を提出すれば大丈夫です。

 

また運転免許証を持っていない時は健康保険証やパスポートを提出すれば大丈夫です。

 

・金利が低く設定されているのがメリット

銀行や消費者金融は金利が高く設定されている事が多いので返済に負担がかかってしまう事があります。

しかし郵便局は金利が低く設定されているのでお金を借りた時に返済に負担がかかる事がほとんどありません。

 

安心してお金を借りる事が出来るのがメリットですが、お金を借りる時の考え方が甘くなってしまうので計画的に借りる事を心掛ける必要があります。